2010_02
09
(Tue)11:48

雪まつり開催中



雪まつり

5日から大通り公園を中心に恒例の雪祭りが開催されています。
仕事関係の方がショップを開かれていると言うことで、
ご挨拶がてら会場を見学してきました。
相変わらずどの雪像も素晴らしい出来栄えでした。
制作中は極寒そして積雪も少ない札幌でしたから大変でしたよね。

こく旨醤油ラーメン

行ったついでに、たまたまラジオで聞いていた西山ラーメンさんの
こく旨醤油ラーメンを食べてきました。
年々ラーメン店の出店が増えていますね~
どこのラーメン店さんも大盛況でした。
寒い中で食べるラーメンはほんとに美味しかったです。
大きなチャーシューとっても柔らかくて最高でした。
6丁目にありますからぜひ行ってみて下さいね。
雪祭りは11日(木・祝)まで開催されています。

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ:雪まつり

2010_02
02
(Tue)11:01

寒こうじで簡単ニシン漬け




寒こうじ

明日は節分
自分の年の数だけお豆食べたらお腹いっぱいになっちゃいますね
そして立春、北海道はこれからが正念場。
この2月を乗り切れば、春が微笑んでいますね。
窓辺ではパンジー&ビオラが順調に成長しています。
双葉を眺めて喜びの日々ですよ。
写真は、先日ご紹介した『寒こうじ』です。
お問い合わせがあったので、作り方を掲載しますね

寒こうじの作り方】
材料 
(1)こうじ 1kグラム (400g)
(2)お米 1kグラム  (400g) お米は普通に炊きます。
(3)お塩   800グラム (320g)

タッパーウェアに人肌に冷めたご飯と麹、塩を入れて混ぜ合わせる。
好みでたかのつめを4~5本入れて、密閉して時々振り混ぜる。
4~5日位でしっとりしてきたら出来上がりです。
保存容器にいれて常温で保存(1~2年は大丈夫)できます。
※()内の数字は、扱いやすい分量です。
ご飯の炊き上がりに寄って、柔らかくなったり堅めになったりしますが、
寒こうじとしての使用には問題ないようです。

一番おすすめの寒こうじを使った、簡単なにしん漬けの作り方のご紹介です。

【簡単ニシン漬け】
材料
身欠きニシン3~4本、大根1kグラム、キャベツ500グラム
塩15グラム、寒こうじ100グラム、人参千切り少々
生ショウガ千切り1かけ分、砂糖大さじ2、たかのつめ2~3本
麹があれば好みで追加

(1)身欠きニシンはお米のとぎ汁に一晩つけてから切っておく。
(2)材料が入る大きなボール(タッパーウェアが便利)に
大根、キャベツ、塩15gを入れて、よく混ぜてからお皿をのせて3~4時間おく。
(簡単なあら漬けが出来ます。)
(3)2の水を捨てて全材料を入れて良く混ぜ合わせてから
小皿をのせて蓋をして冷蔵庫に入れます。
(蓋の無いボールを使うときには、漬け物用のビニール袋に材料を入れると
混ぜるときも手を汚さずに良く混ざります。)

一日くらいで漬かりますが、二日目ぐらいの方が美味しいです。

私的には、4日目位がニシンの風味が馴染んできて美味しいです。
食べるタイミングはお好みで・・・

一番の利点は、思いついた時に冷蔵庫で手軽に作ることが出来ること。
寒こうじのおかげで、11月から3回漬けて全て食べきっています。
ほんと美味しいんです~

成功の秘訣は、目分量ではなく材料の分量はきっちり計って、
慣れてきたら自分なりに塩加減など変えてみて下さい。
我が家では基本の分量が一番お好みの味でした。

寒こうじはその他、キュウリ、ナス、キャベツ、白菜等
何にでもさっとぬって、タッパーなどに入れておくと
いつでも美味しい漬け物が出来上がります。
季節問わずに使えるのが嬉しいですね。
作ってもあっという間に無くなってしまいそうです。

皆さんの簡単漬け物ライフに乾杯

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村

タグ:寒こうじ 寒麹

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。